Myein

曼荼羅日記

◆ びっくりつかさにビックリ!

中学生の頃、発表会で主役を演じたことがきっかけとなり「さゆり先輩ファンクラブ」なるものが立ち上がった。後輩により運営されていたそのクラブのせいで、私は来る日もくるひも、どうすれば「さゆり先輩」を維持できるかを研究していた。

ファンは大切にしても決して媚びらない、たとえ地球が三角になったとしても個を出さずに、ファンが求める偶像を維持し続ける。

そして1番大事なのが、孤独に耐える。

人から追いかけられるというポジションは、自分の前には誰もいない。お手本となるものさえも。誰かの真似をした途端に転落する。一旦荷物を背負ったら、終わるその日まで背負い続けなければいけない。


「ねばならない」人生

そのような私の過去を振り返った時、松田聖子郷ひろみは、紛れもなく「神」


松竹芸能の現在売り出し中の「マジシャンびっくりつかさ」さんも、降りることができない人生を選ばれたんだな と。

覚悟を決めた人は一般とは違う
芸人のオーラがあった。

 

f:id:muonh:20190429080659j:imagef:id:muonh:20190429080709j:imagef:id:muonh:20190429080727j:image