Myein

曼荼羅日記

◆ タイムトラベル (実践編 1回目)

4/29  AM3:07〜30分間

恒星(瞑想)の会をします。

 

今回はいつもの変性意識ではなく

眠りの中の集合無意識

つまり夢の中で行ってみることにしましょう。

 

前回告知の通り

夢研究グループでは

1978年4月10日リリースされた

タイムトラベル(作詞松本隆氏)の世界観を

辿ってみることにしました

 

ーーーーーー

街の外れの古い館が君の家

日の暮れる頃 呼び鈴押した

暗い廊下で 君は無言の手招きさ

サフラン色の ドアを開けたよ


スフィンクスが眠る 砂漠に君は立ち

下弦の月に 照らされてたよ

北極星の真下に 尖がるピラミッド

光の船を 君はさす

ーーーーーーー

 

目の前にサフラン色のドア

(サフラン色:インド🇮🇳の国旗の一番上の色)

この色のドアを思い浮かべ

ドアを押して入ってください。

 

中に入るとそこは古代エジプトの砂漠

果てしなく続く砂漠にいます。

貴方はスフィンクスの前に立ち

月明かりに照らされています。

(ちょうど今宵は下弦の月ですね)

 

さて先ず最初に金星に立ち寄り

その後、古代エジプト時代には北極星だった

トゥバン(アカシック図書館)まで一気に上昇してみましょう

そしてその図書館でご自身のデータだけを受け取ります。

 

ここまでをイメージしながら眠ってください。

 

f:id:muonh:20190428185935j:image